« 旧?三種の神器(青本) | トップページ | サボりすぎ? »

2006年4月 5日 (水)

旧?三種の神器(過去問)

短答三種の神器シリーズのラストは過去問。

今年の合格を狙う人はそろそろ過去問を終えている頃でしょうか?

  

さてさてこの過去問、こいつももはや神器ではなくなっている。

そのきっかけはH13年本試験。

そう、この年から短答(この当時は多枝)問題が公開されるようになったのである。

と同時に、過去に出た問題は意識的に以降の試験には出題されないようになった。

つまり現在の試験では、過去問をいくらこなしても似たような問題に当たる確率はかなり低いのである。

これじゃあ過去問は神器とは呼べない。

  

ここ数年の短答試験に関しては、アウトプットの練習で実力を養うのが難しくなっている気がする。

正直、短答答練も劇的に実力を向上させる特効薬にはならないと思う。

やはり条文、これに尽きる。

アウトプットの機会を得るのはよい。

ただし条文で解答の根拠を必ず追うことが重要。

その枝が○か×かということは本質的に重要な部分ではない。

その問題で問われている条文のポイント理解することが重要なのである。

最終目的を「条文の理解」という目的に注ぎ込むのが短答試験の勉強のコツ。

その手段として過去問を用いるのであれば、それはとても有用だと思う。

|

« 旧?三種の神器(青本) | トップページ | サボりすぎ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4252/1293739

この記事へのトラックバック一覧です: 旧?三種の神器(過去問):

« 旧?三種の神器(青本) | トップページ | サボりすぎ? »