« ギブ&テイク | トップページ | マインドマップ »

2006年2月 6日 (月)

答練において大事なコト

今日同僚に聞かれた。

「答練の点がアテにならない気がするんだけど・・・」

そう、答練の点はアテにならない。

じゃあ、何をアテにすればいいのか?

  

それは安定感だ。

安定感には大きく分けて3つ。

①法域間における安定感

つまり特実・意・商とバランスよく取れているかということ。

「苦手だな~」くらいなら何とかなるが、一教科だけいつも合格点に届かないのは問題。致命的といってもいい

②各回ごとにおける安定感

毎回、同じような順位をキープできているかということ。

あるときは名前が載り、あるときは平均点ギリギリ・・・こんな状態は早く脱却したほうがいい。

目安は「惜しくも名前が載らない」くらいを常にキープすること。

③受験機関間における安定感

これはYでもWでもLでも合格点を取れるかということ。

これは特定の受験機関で成績優秀な人に注意してほしい。

  

よく受験生に言うのだが、論文試験にホームランはいらない。

3打数3安打することが重要なのだ。

そのためには苦手な球であってもシングルヒットは打てるようにしておくこと。

長所伸ばすより短所を直すこと。

これが短期合格への近道だ。

|

« ギブ&テイク | トップページ | マインドマップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4252/632416

この記事へのトラックバック一覧です: 答練において大事なコト:

« ギブ&テイク | トップページ | マインドマップ »